支援給付システムについて


特定非営利活動法人父母・祖父母代わりの会東京 給付支援システム

特定非営利活動法人父母・祖父母代わりの会東京は
貧困家庭ではなく、向学心の高い貧しい子供の大学進学を、
資金の給付を持って支援することを目的とします。

そして、その給付資金は会員並びに賛同者の方々の浄財が原資です。
そこで、当会の支援給付システムは

  自助:被支援者並びに被支援者家族の自助努力
  共助:私たち仲間の共助協力、助け合い
  公助:関係官庁並びに公共団体などが実施している
     奨学金・貸付金・助成金制度との連携

を基本に、支援給付に当たり次のようなことがらを条件とします。
1,支援給付対象者の基準

支援対象
東京都および神奈川県・千葉県・埼玉県の首都圏に在住し、ひとり親家族、および親が疾病のため就労できない家庭で所得が少ないため高校進学・大学進学に困難な中学生、並びに高校生。

  1. 世帯収入が下記の収入基準を超えない低所得者世帯
    平成28年度 ※収入基準は毎年改定されます。
    世帯人員 1人 2人 3人 4人 5人
    平均月収 190,000円 250,000円 30,000円 350,000円 400,000円
  2. 日常生活は何とかできている。でも、進学資金(塾費、学費など)がない。
  3. 世帯の収入で、学校卒業まで生計維持が可能。
  4. 住民票と現住所が一致。
    ※被支援者とその生計中心者が別住所に居住している場合はご相談下さい。
  5. 暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成3年法律第77号)第2条第6号に規定する暴力団員である者が属する世帯ではない。
  6. 被支援者は支援金の返済はないため保証人は要りません。
    ただし、被支援者並びに保護者には進学に対し、誠心誠意、真摯に取り組むことと、被支援者は成人後、当会の会員となって後輩の支援活動に取り組むことの「誓約書」を提出いただくこととします。


2、支援給付金の内容

●中学生、並びに高校生には塾費、学外費を支援します。
●高校並びに大学への入学時には入学金及び学外費を半額または全額支援します。
●大学入学後は学費及び学外費の一部を支援します。残りは奨学金およびアルバイトの併用をお願いします。

  (1)支援給付金の目安
    学校教育法に規定する高等学校、高等専門学校、短期大学、大学を対象とする
    入学時の入学金または入学支度金の一部として  3万円~20万円。
    在校時の塾費または学費及び学外費として月額   1万円~ 5万円。

  なお、当会は他の奨学資金との併用を奨めています。制度によっては併用できない奨学金がありますので、
  そのときは協議させてください。
  また、生活保護世帯の場合は福祉事務所がその必要性を認めている者に限ります。
  まずは福祉事務所に相談願います。

  (2)支援給付の期間
  支援給付期間は、学校教育法に規定する高等学校、高等専門学校、短期大学、大学に入学し、卒業するまで
  とします。ただし、その間に支援給付金を改定する場合もあります。



3、申込み書類、及び添付書類

  申込みは当会規定の申込書に記入の上、以下の書類を添付して提出願います。

  1. 住民票の写し(世帯全員、発行後3ヶ月以内のもの)一通
  2. 申込者の世帯の収入証明
    ※生計中心者、及び世帯の生計維持に寄与しいる者全員
  3. 学校に関する書類
      a、これから受験する場合
        受験校の募集要項、入試日程、学費、入学金などが確認できる学校発行の書類
      b、合格し、入学前の場合
        合格通知書及び入学金や学費が未払いであることを確認できる書類
      c、在学中の場合
        在学証明書、及び学費の金額や納入期限が確認できる書類
個人情報保護の遵守
  当会は、個人情報保護を遵守し、皆さまからいただいた個人情報は受領書の発行、会報の発送など当会からの
  お知らせをしていただくために使わせていただきます。
  法令に定める場合を除き、個人情報を事前にご本人に同意を得ることなく、第三者に提供することは絶対に
  ありません。



4,支援条件

  1. 被支援者には、当会が被支援者世帯の皆さまの就労、就学、疾病、収入、家計の支出・負債の状況など、世帯全体の状況を把握させていただくことを必要とします。
  2. 被支援者は世帯員全員の了解を必要とします。
  3. 世帯の状況が客観的に分かる資料などをご用意いただき、支援についての審査を行います。その結果、真に必要性があり、当会からの支援が適切と確認できる場合に支給されます。
    なお、審査の結果により支援できない場合もあります。その場合、その理由を開示しませんので、予めご了承いただきます。


5,支援を受けるまでのステップ

支援の可否は仮登録での一次選考、面談での二次選考を経て判断いたします。
仮登録から支援開始までの目安は2~3ヶ月です(状況により変動します)



     
6,送金について

  1. 初回は提出いただいた誓約書並びに開設いただいた銀行口座を確認の上、お約束した支援給付金を速やかに送金します。
  2. 入学できなかった場合、また継続送金中に世帯状況や収入状況に変化があった場合、及び途中で進路を変更したり退学した場合は、その時点で送金を打ち切らせていただくことを原則とします。

    そういう事態に陥ったときは、一人で悩まずに速やかにご相談ください。学校を退学せずに、卒業まで通い続ける方策を一緒に考えましょう。


                              
  • みらいの扉・目白塾

上へ